【テープ】

img

テープは用途によって様々な種類があります。店頭の販促表示やパッケージにより、機能の違いや使い方提案などを伝えていくことが必要です。ホームセンターはDIY好きのお客様が多いため、当たり前だと思っている事をわざわざ噛み砕いて説明することが、あまりありません。お客様が探しているテープを見つけられるようにするのはもちろん、迷っている人にテープを使う効果をしっかりと伝えていくことが大切です。情報が何もなければ、「つけばいい」という最低限の機能だけ求められることになるからです。

カテゴリの代表的な商品

img

img両面テープ

文具でもおなじみですが、用途によって商品が細かく分かれています。和気産業では主にDIYで使われるテープを扱っています。商品名には強力、超強力など機能(強さ)を伝える言葉もありますが、どれを選べばいいのかわからない、という声もよく聞きます。使う場所(面)でも対応するテープが変わってきます。分かりやすい売り場づくりをすることで、新規顧客開拓につないでいくことができるカテゴリです。