【省エネ】

img

太陽光発電などの自然エネルギーの利用や、少ない電力で動く家電製品などが注目されています。当社ではこういった新しい商品を扱う一方、古くから安価で手軽な省エネ対策を提案してきました。住まい関連の中では、夏は涼しく冬は暖かく過ごせる対策が求められています。扉、窓廻りといった外気が入ってきやすい場所に使う商品をたくさん提案しています。地域によっては夏は窓を開けて過ごす家庭が多いので、網戸関連も省エネ対策の一部として提案しています。

カテゴリの代表的な商品

img

img窓用フィルム

窓に直接貼るフィルムは、夏用と冬用に分かれます。冬は結露防止で効果が実感しやすいこともあり、デザインフィルムなどオシャレ感のあるものも増えてきました。売り場そのものが成熟したと言えます。

一方、夏のフィルムは直射日光を遮るだけでは十分に室内温度の上昇を抑えることができないため、効果が実感しにくいという問題があります。また、夏は窓を開けるという地域もあり、フィルム以外の外気を遮る商品との組み合わせも提案しています。

フィルムそのものは、水貼りでノリ残りがないタイプや、簡単に貼ってはがせるものなど、作業がかなり簡単になり、誰もできるDIY商品になっています。
img

img内窓フレームセット

リフォームで人気があるのが「内窓」です。窓を二重にすることで住まいを断熱化します。この窓をDIYで自作したいという声が多く、和気産業ではフレームをセットにして楽しみながらできるようにしました。取り付けの際には金ノコを利用するなどの作業があるため、決してプロのような仕上がりにはならないこともあります。セット外のポリカ中空板もホームセンターで別途購入する必要もあり、決して楽なDIYとは言えません。

しかし、「不便」「不快」だと思っていたものが自らの手で解消されていく体験はDIYならではです。セット外の商品の売り場との連携をしっかりすることで、「不便」を「喜び」に変えて行くことができると私たちは考えています。
img

img網戸パッチ

夏は窓を開ける家庭が多く、網戸関連の商材は需要があります。特に網戸の張り替えは、DIYの基本と言える作業。決して難しい作業ではありませんが、全面張り替えは場所が必要なこともあり、初めての人にはなかなか敷居が高いようです。そこで粘着剤を使わずに網戸の小さな穴を補修する商品の開発を開始。粘着剤を使わずに網に空いた穴をどうやって防ぐか、様々な方法を検討した結果、マジックテープの突起を網戸の網にはめ込むというアイデアを実用化しました。発売後、当社モニターから、切り取ったパッチで網戸をデコレーションすると面白い、という提案が上がり、翌年はカラーパッチを加えて「網戸パッチデコ」というお楽しみアイテムも展開しています。