【建築金物】

img

丁番、ドアクローザーなど、補修が目的で使われることの多い商品が揃っています。壊れたから同じものを、と来店される人に機能アップした他の商品を試してもらうことで、購入機会を増やすことも可能です。

たとえば古くからあるドアノブをレバー錠に替えることで、手指に力が入らない高齢者でも楽に扉の開け閉めができるようになります。建築金物というカテゴリの枠から飛び出して、介護用品や手すりなどと一緒に置くといったアプローチも面白いと考えています。

カテゴリの代表的な商品

img

imgソフトクローズスライドレール

ダンパー付きスライド丁番と同じゆっくりと閉まる機能がついたスライドレールです。こういった機能はPOPなどの文字情報では伝わりにくいものです。「ゆっくり閉まる」と言われて、ピンと来る人は少ないでしょう。引き出しがゆっくり閉まることで、閉まる時の音が軽減されます。一般的にはフェルトやゴムなどを利用して音を立てない、または吸収するという方法が取られます。そこで「音」をテーマに売り場を構築すれば、「ゆっくり閉まる」ことの利点が伝わるだろうと思います。また引き出しを確実に閉めてしまうので、引き残しが出来なくなり【つまづき】や【ひっかかり】もなくなります、バリアフリーという視点もイメージしやすい提案です。
img

imgダンパー付きスライド丁番

扉が静かにしまる、という機能を持ったダンパー付きスライド丁番です。扉が静かに閉まって欲しい、と思っているお客様はどんな人だろう、と私たちは考えました。たとえば小さな子供を持つおかあさん。どんなに注意しても子供たちは元気いっぱいに動き回ります。扉に指を挟むかもしれない、食器棚のガラスが割れるかもしれない、という心配はいつも心のどこかにあって、だけどずっと見張っているわけにもいかない。そんなおかあさんの心配を、ダンパー付きスライド丁番なら少しは解消できるかもしれない。キチンと扉が閉まる従来のスライド丁番ではなく、「静かに閉まる」という機能が特徴のダンパー付きスライド丁番は、家具金物ではなくベビー用品売り場にある方がいいかもしれません。
img

img傘修理

小さく地味な商品ですが、30年以上販売しているロングセラーです。金物カテゴリよりも傘売り場に置くだけで認知度がグッと上がります。意外と「自分で傘を修理できる」ということを知らない人が多いのです。高価な傘だけでなく、少し骨が曲がった傘、乱暴に扱われる学童用の傘なども修理される方が増えています。従来の修理金具はラジオペンチを使うため敷居が高いと感じることもあるようです。当社開発の「万能爪」なら工具不要、指先で折り曲げるだけで骨の修理が完了です。実際に補修された方からは「モノを大切にする気持ちを思い出した」という感想が寄せられています。一人でも多くの方にそういった体験をして欲しいと私たちは願っています。