いいものチャンネルとは

このページをお読みくださり、ありがとうございます。

いいものチャンネル 編集長の鈴木加代子です。

1970年初期に日本へ入ってきたDIYは、50年近くたった今、日本になくてはならない存在となりました。わたしども、和気産業はDIY用品の中でも、暮らしの改善や補修を得意分野としています。

日本人に限りませんが、物が少なかった時代は、物を大切にいたしました。一枚の着物を何度も作り変えたり、破れた障子やふすまを張り替えて使ったりするのは、ごく普通のことでした。

今は新しいものに買い換えるほうが多い時代ですが、DIYで補修や改善を考えて実行に移すことは、実用だけでなく丁寧な暮らしをする楽しみとも言えると思います。

いいものチャンネルからご覧いただける情報は、そういった補修や改善について、社員自らがコンテンツを考え、発信しているものばかりです。

専業のプロが作ったコンテンツではありませんが、DIYを好きで楽しくて世界中の多くの人とその気持ちを共有したい!という気持ちであふれています。

コンテンツの企画、構成もすべて社員が作っていますので、ぜひお楽しみいただければと存じます。