はたらく先輩社員の声

img一覧へ戻る

営業担当

社員写真
志水 慧

1.どのような学生生活を過ごしましたか?

大学時代、何か変わったことをしようということで夏に和歌山から淡路島まで折りたたみ自転車で行き、淡路島を一周しようというばかな遊びをしました。
ディスカウントストアで折りたたみ自転車を 9,800円で購入し、夜中の12時ごろ和歌山を出発。
必死に漕いでいるのに通学中の学生に簡単に追い越されるという状況にもめげずに淡路島に到着。
さまざまなアクシデントや計画とは少し違うプランになってしまいましたが最後ゴールしたときの達成感は最高でした!
…と言いたかったのですが、しんどすぎて早く家に帰りたかったです。
なにはともあれ、今となっては学生時代にしかできないような経験ができ、また笑い話にできるいい思い出です。

2.和気産業に入社した決め手は何でしたか?

一番の理由は会社の雰囲気が良かったからです。
私が就活を始めたときは、それこそ手当たり次第、いろいろな業界を回っていました。
しかし就活をしている中で 「世の中の人々の役に立ちたい 」「人々の生活の手助けをしたい」と思うようになり、それからはそういった企業に絞りました。
その中で一番重視していたのが会社や社内の雰囲気です。
なぜならこれから何十年と勤めていこうと思ったら、社内の雰囲気や人とのコミュニケーションが大切だと考えていたからです。
「働きやすさ」という面で、和気産業は一番でした!

3.現在、担当している仕事の内容を教えてください。

四国地方のホームセンターを担当しています。
「暮らしの中の不を解消する」という言葉の元、得意先であるホームセンターに、商品の紹介や売り場の提案を行っています。
よい商品だけど伝わりにくい…そんな商品こそ、「こうした方がお客様にメリットを伝えやすいのでは?」「こうやって提案した方がお客様の気持ちに刺さるのでは?」など頭をフル回転させバイヤーの方に提案します。
その結果、自分の提案が採用され、さらに売り上げにつながったときは、大変うれしく、やりがいを感じる瞬間です。その結果、自分の提案が採用され、さらに売り上げにつながったときは、大変うれしく、やりがいを感じる瞬間です。

4.自分を成長させてくれた体験を教えてください。

入社1年目で新規得意先の担当を任されたことです。
新規ということは、提案が受け入れられれば当社のシェアが広がるということ。
1年目としてはかなりの大役なのですが、今思えば、当時の上司の太っ腹ぶりに驚きと感謝の念でいっぱいです。
もちろん先輩社員の応援をいただきながらやり遂げましたが、疲労感とともに大きな達成感を覚えました。
年数に関係なく貴重な経験を積むことができる和気産業という会社、かなり魅力的
だと思います。

5.今の仕事をする上で、大切にしていることはありますか?

私が心がけていることは 二つあります。
今後は業界の枠に収まらず、積極的に外部の情報を吸収し今の環境を変えられるようにしていきたいです 一つめは、日々変化する世の中の流れに乗り遅れないよう、
常にアンテナを立てるということです。
どんな仕事もそうですが、「いつも同じ」では新しいものは生み出せません。
最近では SNSなども有効活用するようにしています。
二つめは、コミュニケーションをとることです。
得意先・社内問わず、コミュニケーションを密にとり誠意を持って対応することで、信頼を得ることができ、仕事がスムーズに回っていくと感じています。
一つめの「アンテナを立てる」ことにもつながりますが、現場に出た時には競合他社やバイヤーと積極的に会話し、情報の共有や交換をしています。

6.これからの目標または夢を教えてください。

まずは一日でも早く一人前の営業マンになることです。 商品知識を身に付け、自分の強みや持ち味を生かした、個性を前面に出した営業スタイルを確立していきたいです。
そして将来的には、社内や社外の多くの人たちとの出会いやつながりを通じて成長し、周りの人から慕われる信頼感のある営業マンになりたいと思います。

7.うちの会社のいいところは何ですか?

当社の強みは提案力だと思っています。
どれだけよい商品でも伝わらなければ意味がありません。
生活者の方が知らないことや気づかないことを知っていただけるように、私たちは自らの体験を踏まえた五感に訴える売り場を提案しています。
また、社内の雰囲気のよさも当社の魅力の一つです。

8.印象に残っている研修は何ですか?

「若手パワーアップ研修」です。
入社 2年目から 4年目までの若手社員が各拠点から集まり、組織の目標や自分の役割を再確認し、自分の強みや持ち味は何なのか、なぜ働くのか、将来どうなりたいのかを考えることで自分のパワーアップにつなげていくという内容の研修です。
2日間にわたり行います。
普段なかなか顔を合わせることのないメンバーがそろい、新鮮な気持ちで楽しく研修を行うことができました。
また、先輩に悩みを相談したり後輩の話を聞いたり、他拠点での雰囲気などを共有することができ、非常によい刺激を受けました。
当社では、ただ話を聞くだけのような一方通行の研修ではなく、話し合ったりワークを行ったりという研修が定期的に行われています。
仕事に直結する研修で、今まで気づかなかったことを学んだり大事なことを再確認したりすることができます。

9.あなたの元気のもとは何ですか?

学生時代はずっと野球に打ち込んでいましたが、社会人になってからはゴルフをしています。
休日に家族と行ったり、会社の人と行ったりしています。
その時は仕事のことを忘れ目いっぱい楽しむことでリフレッシュしています。
最近では、草野球をやったりテニスをしたりと体を動かすことで気分転換をして楽しんでいます。

10.最後に就活生へのメッセージをお願いします!

自分に素直になってください。
いくら取り繕おうとしてもちょっとしたことで見透かされてしまいます。
素直な気持ちで真摯に受け止めていれば、それは相手に伝わるはずです。
そして時には遊び、時には勉学に励み、時には就活をし、メリハリのある生活を送ってください。
就活生のみなさん、後悔がないよう全力でやり遂げてください。応援しています。