はたらく先輩社員の声

img一覧へ戻る

ネット販売担当

社員写真
岩本 由依

【こんな仕事をしています】

入社時は立ち上げて間もないEC事業部で商品の情報集めに始まり、撮影・加工・ページ作成といった販売業務から電話対応・受注管理まで全ての業務を担当していましたが、今ではそれぞれ業務が分担され、店舗のコンセプトに合った商品選びやページ作成を主に担当しています。 卸中心の当社においてEC事業部は唯一、一般ユーザーとの強い接点がある部署でもあります。注文や問い合わせを通じて日々頂くお客様からの様々なご意見をページ作成に活かしていくことも大切な仕事です。 また、ユーザーから頂いたご意見は社内の会議の場でも「生の声」として共有し、新商品開発に欠かせないものとなっています。今後はそれらの意見をもっと有効に、もっとスピーディーに社内に伝えていく仕組みを構築していくことも大きな課題ですね。

【和気産業をえらんだ理由】

もともとホームセンターに行くのが好きだったので、「自分が携わった商品が店頭に並ぶのを見てみたい」という思いはありましたが、就職活動では会社の規模や業種・職種のことは考えず、自分が興味を持てそうな会社の説明会には積極的に参加するようにしていました。 説明会で特に注目したのは会社の雰囲気で、和気産業は社員が楽しそうに働いている姿が印象に残ったんです。 説明会でも一つ質問をすると丁寧に答えてもらえたこともあり、「この人たちと一緒に働きたいな」と思うようになりましたね。

【入社してからわかったこと、仕事のやりがいなど】

立ち上げて間もないEC事業部には入社前から関心があって、配属を強く希望していました。そして入社3ヶ月でネットショップの店長を任せて頂いたんです。 当時はノウハウも少なくマニュアルがあるわけでもなかったので、右も左もわからず手探りで色々なことを試しながら覚えていくような状況でした。 お客様からの信頼も得られていないので、商品をアップしたところで簡単に注文が入るわけでもありません。そうしてOPENから1ヶ月が過ぎたころ、ついに初めての注文が入ったんです。 商品は1000円くらいのものでしたが、「お客様から信頼していただけた」という事実が何より嬉しかったのを覚えています。今後も「お客様の声を重視する」という姿勢を大切に、信頼を得られる仕事を続けていきたいです。

【これまでのキャリア】

入社後、EC事業部ネット販売課に配属(6年目)。