はたらく先輩社員の声

img一覧へ戻る

事務担当

社員写真
宇沼 一晃

【こんな仕事をしています】

売上伝票の管理から請求書発行・入金処理まで、売掛金の管理をしています。 現在私は東京店に勤務しています。業務内容は、取引をしている約100社の得意先の売掛金の管理。主な仕事の内容は、売上伝票を管理し、請求書の発行及び請求データの送信を行うことです。請求金額と得意先からの支払金額に誤差が生じた場合は、その原因を調査し、解消まで持っていくことが自分の仕事になります。 現在の部署に異動してからまだ日が浅いのですが、お金に携わる仕事なので日々細心の注意力を払っています。細かい数字と睨み合い、得意先とのやり取りの中で違算を解消した時は達成感を感じることが出来ますね。

【和気産業をえらんだ理由】

まず最初に当社に興味を持ったのは、取扱商品に親しみが持てたことです。学生時代にホームセンターでのアルバイト経験があったので、その経験を活かせると思いました。そして実力主義であり社員研修に力を入れているところに惹かれ、会社の成長と共に自分自身を成長させていくことができると感じました。 現在、自分がどれだけ成長できているかはわかりませんが、その時に感じたことは間違っていなかったと思っています。また、実力主義でありながらも社内の雰囲気がとても良いのも魅力の一つです。

【入社してからわかったこと、仕事のやりがいなど】

現在の部署に配属になってまだ数ヶ月。 入社してから13年間を営業部一筋で過ごしてきたので、経験の無い部署への異動は不安でしたが、今までは物事を営業の立場からでしか見られなかった仕事が、現在は色々な角度から見ることが出来るようになりました。そのことが今の私の強みになっていると感じています。 新しい事を始める時に踏み出す一歩はとても勇気が必要ですが、勇気を持って踏み出した一歩には二歩目・三歩目が必ず後から付いてきてくれると信じています。そしてその経験が自分の財産になるはずです。 仕事をしていて嬉しいと感じることは部署によって様々だと思いますが、お客様からの「ありがとう」の一言は共通していると思います。お客様の期待を超える対応が出来た時に頂ける、お客様からの「ありがとう」は最高に嬉しいです。

【これまでのキャリア】

営業(3年)→営業事務(10年)→管理事務(4ヶ月)→管理事務課 課長(1年)