はたらく先輩社員の声

img一覧へ戻る

営業担当

社員写真
堀口 一博

【こんな仕事をしています】

店の営業利益は、営業部門が頑張って売上を伸ばしたから目標に到達できるというものではありません。仕入部門、物流部門、総務・管理部門などいろんな部署の協力があってはじめて利益が出せるのです。 営業部門を含め、全ての部門が拠点の中でうまく機能しているかどうかをチェックし、各部門長と協力しながら軌道修正したり、業務の見直し、改善をしたり、時には尻をたたいたりしながら全体の利益アップに繋げていきます。 そして、将来にわたって企業を存続させていくために最も大切な人材の育成も私の仕事です。社内・社外教育、OJTなどを通して、本社や関連部署と協力しながら行っています。

【和気産業をえらんだ理由】

今の場所に移転する前の福岡店は、それはそれは言い表せないくらい古く傷んだ建物でした。社員やパートさんの採用面接の時に、会社の前まで来てUターンして帰られた方たちも珍しくありません(笑)。そんな外観がひどく悪い会社に入社を決意したきっかけは、何だったんでしょうか・・・。・・・何かがあったんでしょうね。会社にあったのか、私自身にあったのか・・・。 前職とは全く違う職種に就きたいという気持ちが当時あったのは何となく憶えています。これだけが理由とは思えませんが、結果的にはこの会社を選んでよかったと思っています。人の言うことはあまり当てはまりません。自分の目で確かめてください。

【入社してからわかったこと、仕事のやりがいなど】

外出、出張、休み等、色々な理由があり、福岡店の全ての社員の顔がそろうことはなかなかありません。そんな中、まず間違いなく全社員がそろうのは、年度末の決算棚卸(仕事納め)の日と仕事始めの日です。 仕事納めの挨拶で、一年間、目の前にそろった社員全員一丸となって仕事をしてきたことが、目標値のクリアという結果に繋がったことを発表できた時、また、大きな事故や病気もなく全員健康で年末を迎えられたことが実感できた時にうれしさや喜びを感じます。

【同期、先輩、上司のこと】

実は私は数年前に大病を患った経験があります。休んでいる間に他の社員にどれだけ迷惑をかけたことかと想像すると申し訳ない気持ちで一杯になりますが、その経験があったからこそ、全員か健康でいられることにより大きな喜びを感じるのかもしれません。

【これまでのキャリア】

前職:建材メーカー営業→当社へ転職:物流業務担当(3年)→総務、買掛管理兼務(7年)→業務部統括(物流課、商品課)(4年)→管理部次長(8年)→店長(現職・3年目)