はたらく先輩社員の声

img一覧へ戻る

営業担当

社員写真
浅田 志貴

1.どのような学生生活を過ごしましたか?

大学生活前半はバイト、飲み会が中心のごく普通の楽しい大学生活でした。
しかし後半になると理系学科に属していたので、研究室で朝から晩まで実験に取り組むような生活になりました。
植物を採取し、すりおろし、遺伝子を見るという何とも言えない作業の繰り返しでした。
しかし、研究室の仲間たちと2年間やり遂げた達成感は今までに味わった事のないものでした。

2.和気産業に入社した決め手は何でしたか?

一番の理由は多くの商品、商材からお客様の望むものを提案できる商社に魅力を感じ、商社を中心に就職活動を行っていました。その中で65,000アイテムの商品数、また「お客様の不を解消したい」という考えと自分の考える社会貢献が一致していると思い、この会社で働きたいと強く思いました。!

3.現在、担当している仕事の内容を教えてください。

全国展開しているホームセンターの営業担当の一人として、先輩社員と力を合わせ営業活動しています。
バイヤーに対して売り場の提案や新商品の紹介などの商談、また実際にホームセンターへ出向き売り場の商品陳列をしたり、ディスプレイの作成、POPの作成をしたりするのが主な内容です。
一般のお客様が売り場の商品を手にしたとき「快適で楽しい生活をイメージできるか」それを伝える事が私たちの仕事だと思っています。
そのために、どういう売り場の見せ方をしたらいいだろう、どういうPOPを作成したらいいだろうと考える事が面白さであり、考え抜いて完成した売り場に立つ、一般のお客様を見る事がやりがいだと私は感じています。

4.自分を成長させてくれた体験を教えてください。

先輩社員に次の商談を任せると言われ、前もって準備をし、先輩に同行してもらって商談に臨みましたが、結果はボロボロ。
お得意先のバイヤー様からの質問に対して満足のいく回答をすることができませんでした。
先輩には「ちょっと商品に関しての勉強不足だった」と言われてしまいました。
このとき一つの商品でも多方面から考え、多くの引き出しを用意しておかないと通用しないという事を学びました。
これからもこの時の悔しさを忘れずに行動したいと思っています。

5.今の仕事をする上で、大切にしていることはありますか?

「視野を広く持ち、行動すること」です。
一杯一杯になってしまうと、視野が狭くなってしまいがちですが、一息つき、周りを見渡すと解決できる場合があります。
。また、誰も気づかなかった事に気づくことができる場合もあります。
。いっぱいいっぱいになったときこそ、このような事を私は心掛けています。

6.これからの目標または夢を教えてください。

「和気産業の浅田が必要だ」と、どのお得意先様からも言われることです。

7.うちの会社のいいところは何ですか?

新しい考えやアイデアが重宝されるような気がします。
2017年“JPAN DIY HOMECENTER SHOW”の弊社のテーマは「逸脱」でした。
今までにない考え方や発想が、会社やホームセンターを変えるのだというのが、和気産業の根底に流れているのだと思います。
そのため、ベテラン新人問わず、誰でも「意見を言ってみようかな」と思えるところがこの会社の良いところだと感じています。

8.印象に残っている研修は何ですか?

「若手パワーアップ研修」です。
入社4年目までの全拠点若手社員が一堂に集まり、研修を行います。
現在の自分の状況、不安に思っている事などを共有し、比較的年齢の近い先輩方から多くの助言を頂けた事は私にとって非常に有り難い機会でした。
「私はこうなります!」と最後にお互いが宣言し研修を終えたので、まずはそこを目標として突き進みたいと思っています。

9.あなたの元気のもとは何ですか?

「華の金曜日」です!
一週間の仕事を終え、金曜日に先輩方と飲みに行く事が私の元気のもとです。本当に楽しいです!
また、現在関東に住んでいる私ですが、出身が関西であることもあり、阪神タイガースをこよなく愛しています。
休日はテレビで野球を見る事も多いです。
あっ、寂しい人だなとか思わないでください。

10.最後に就活生へのメッセージをお願いします!

私は就職活動を通して最後までやり抜く事の重要さを感じました。
というのも私が弊社と出会ったのは就職活動終盤でした。
大変な就職活動ですが、満足いかないまま終えることは絶対にもったいないです!
本当に自分がここで働きたいと思えるまで粘り強く頑張ってみてください。
そのためにも、息抜きするときは学生らしく思いっきり息抜きしちゃいましょう!