社外商品研究所

mainimg

“社外商品研究所”とは?

社外商品研究所は、「生活者と和気産業が楽しみながら商品開発や売場作りを研究する」ために、2004年(平成16年)4月に設立されました。
任期は1年で30名のモノづくりに興味のある20代から60代まで、幅広い研究員が集まりました。
その後、新メンバーの募集は毎年1月、活動は4月から始まります。

和気産業は、メーカー様と小売店様をつなぐ商社です。
生活者の声を集めて、メーカー様や小売店様に届けることが大きな使命です。
「生活者の声を活かす」と言うのは簡単ですが、本当に人が心の中で望んでいることは表に出てきません。「何が欲しいですか」とストレートに聞いて、適切に答えられる人がどれだけいるでしょうか。
社外商品研究所では、生活者の代表である研究員の方と常に接する中で、お互いの信頼を築き、形にならない潜在的な要望をさぐっていきたいと考えています。
“■社外商品研究所のしくみ?
一般的なリサーチ会社と異なる点は、メンバーが和気産業の社外研究員という位置付けになっていることです。雇用関係などの正式な契約はありませんが、和気産業の活動を理解し、生活者の役に立つ商品を届けるという使命の一端を担ってもらう貴重な人材です。
不定期に行っているグループインタビュー(座談会形式のリサーチ)では、この日のためにと遠くから駆けつけてくださる方もいらっしゃいます。
また、研究員限定のホームページで情報を交換しながら、常に新しいアイデアが生まれる仕組みにもなっています。
グループインタビューのほかには、8月の JAPAN DIY HOMECENTER SHOWの会場でオフ会を開催し、研究員同士の交流の場を提供しています。
“自宅アンケート研究 “詳細はこちら
“グループインタビュー “詳細はこちら
“体験講座 “詳細はこちら