なるほど、そんな方法があったのか! ありそうでなかった『ピッタリフック』

 

以前住んでいたマンションのクローゼットの扉にハンガーを掛けたくて、ドアフックを購入したことがありました。でも市販のドアフックって、意外とサイズが合わないんですよね。

そのときも、クローゼットの扉の厚みよりドアフックのサイズが大きく、スポンジをはさんで使っていたんです。フィットしていないので使いづらいうえ、ときどきスポンジが落ちてきて、何とも使い心地が悪かったのを覚えています。

 

ところが『ピッタリフック』を見てビックリ! 掛けたい場所に合わせて好きな幅に折り曲げられるなんて!! これで、どんな場所にもピッタリと合うフックを作ることができます。単純なようで今までになかった発想だと感動さえ覚えました。

%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b8

今はもうクローゼットの扉にフックは必要なくなったのですが、どうしても試してみたくなった私。

%e6%9b%b2%e3%81%8c%e3%82%8b%e9%83%a8%e5%88%86%e3%82%92%e9%80%8f%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb

キッチンのカウンターに取り付けることにしました。まず、掛けたいところに合わせて“ぐにゅっ”と曲げます。

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%b3%e2%91%a0

いったん外して内側にさらに曲げるように整えるとしっかり引っ掛かるようになり、まったくガタつきがありません。付属のスポンジを裏側に貼っておくことで、キズも防止できます。

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%b3%e2%91%a5

今はお買い物バッグを掛けるのに使っています。買い物から帰ってきてすぐに掛けておけるので便利ですよ。

 

・安全荷重:2kg・対応板厚:10~45mm

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL