壁の汚れを再現しました。



こんにちは。ニコラスです。

以前、「近日中に色々なものを作る」といいました。
全部話すと長いので、ちょいちょいお話します。

実は今、「塗りフォーム」というものを考えておりまして・・・

内装を塗る、ということには抵抗がある方多いと思います。
私ももちろん抵抗感アリアリです。でした。

実は、説明会や展示会でやってみたのですが、案外楽しいんです。

さて、今回は「塗りフォーム」を広めるため、
実際に体験してもらう為の準備風景の紹介です。

まずは壁の汚れを再現します。
カビのような、雨漏りのような汚れ目指し・・・

あらイイ感じ。

しかし・・・

キタナイッ!!

やりすぎましたかね?
写真では分かりにくいかもしれませんが、
実物はもっとリアルで触りたくないものでした。

しかも下の方まで垂れていて、ほんとに汚らしい・・・

実はローラーをサインペンで着色したものを、
ゴロゴロしたのですが、
その後の下地処理でインクが溶け出し、
全体的に広がってしまったのです。

予想外の出来事ですが、結果として
いい具合の汚れができました。

DIYにハプニングはつきもの!ですかね。

 Category - 家の中     Comments : 2

Comment

  1. ゆう より:

    照明を取り外したら、その部分が変色してしまっていて美しくないんですよ~、そういう変色も直せるかしら…?塗りフォーム楽しみです!

    ご近所さんでも、壁紙貼りなおしたいって言っていた方がいたのですが、塗りフォームなら、もしかしたら、簡単に壁紙リフォームできちゃいますか?!

  2. 木村 より:

    ゆうさん、ありがとうございます。

    変色を隠すのもいいですね。
    壁紙がめくれあがっていたりする場合は、剥がすかもう一度貼りなおしておくのがオススメです。
    下地がしっかりしてないと壁紙ごとめくれてしまいますので・・・。

    ちなみに、壁紙を貼りなおす際は、こちらのものがお店にあると思います。
    http://www.bond.co.jp/bond/diy/detail.php

    『ボンド』でおなじみのコニシさんの商品「壁クロス用」です。
    リンクで直接飛ばせなかったので、
    左のところで検索してみてくださいね。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>